Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    道を切り開いていく事
    0

      腰を痛めてしまって、一週間くらい走れていないKeniです。
      そろそろ良くなる頃じゃないかなーと期待してるんですが
      意外と苦戦してます。まぁケガをしちゃったらしょうがないので
      そこは潔く休養しています。

      さて、少し前の話ですが、考える事と実行する事
      そして、それによって自分で道を切り開く事を
      できた人の話を聞いたので、その事を書いておこうかと思います。

      その人は卒業する年度の6月くらいまで
      内定が無い状態で、客観的に見たら正直ビハインド。
      そんな中、所謂夏採用とか秋採用ではなくて
      通常のルートで受けられなかったので特別にチャンスを下さいと
      メールを送って面接を受けさせてもらっていました。
      紆余曲折はありつつ、結果、複数内定をもらい、かなり本人も満足する結果になったようです。

      普通に考えてみると、震災とかの影響もあって
      通常の就職活動を受けられなかった人がいるのは当然。
      でも、その中でメールを送ったりする事は
      問題解決のために自分で行動できるって事だから
      その時点で少数派になって最初から差別化ができる。
      っていう意味ではすごくリーズナブルな方法です。
      でも、そこから先の実行する事、実行し続ける事は
      予想以上に大変です。
      多分、何度も何度も断りのメールを受け取ったと思うし
      その先に就職っていう道が本当に続いているのか
      不安だったと思うのですが、しっかりと道を切り開いたのは
      すごいなって思います。

      話は自分に移りますが、
      自分も転職後この数ヶ月で色々と考えて
      五年後くらいのイメージはつかみ掴みつつあって
      それに向けて、取らないといけない行動も大きなレベルでは
      決まってきました。

      後は、より簡単なやり方を見つけて
      粛々と実行していくだけ。

      後輩に良い刺激ももらったし、今日も良い日曜日を過ごしましょうかね。
      | Keni | Learning and self development | 07:19 | comments(0) | - | - | - |
      寝坊って自己責任かも?>4時起きのための目覚まし方法の紹介
      0
         最近、早起き生活が続いているKeniです。
         
        前々から、朝型だったのですが
        仕事の関係上なかなか思うようにはいかず
        それを転職を機に一気に朝型に戻す事が出来ています。
         
        とはいえ、4時になった瞬間に必ず目が覚める訳ではありません。
        なので、今自分がどうやって目覚めているかをご紹介しようかと。
         
        1) パソコンの音で目覚める
        Wake upというフリーソフトがあります。
        これを学生時代から、かなり愛用していて特徴としては
         ・起きるときに好きな曲を選べる
         ・2桁×2桁の掛け算を解かないと音が止まらない
         ・省電力モードが付いてる
         ・曜日ごとに時間を設定可能
        音を強くすると、相当目覚められます。
         
        2) 目覚まし時計
        ライデンという相当うるさい目覚ましを立ち上がらないと
        止められない場所に置いてあります。
        ライデンはこちら
         
        3) タイマーコンセント+ライト
        タイマーコンセントという設定した時間に
        オンオフができる機械があります。
        それに自分の顔を目がけてスポットライトを付けておき
        他の目覚ましが鳴る前にライトがつくようにします。
        これだと、目覚めは相当楽。
         
         
        4) Sleep cycle
        有名なiPhoneアプリですね。
        レム、ノンレムを振動から判断して、一番眠りが
        浅いところで起こしてくれます。
        (本当にこれが正しいかどうかは不明)
        ちなみに同じ機能の腕時計目覚ましも使っています笑

        5) ルンバ+目覚まし時計(参考)
        これは半分ネタで実施はしていないのですが
        タイマーで動くルンバの上に目覚まし時計を固定して
        指定した時間に動きまわる目覚ましなんて良いんじゃないかなって
        思っています。止めるために起き上がらないといけないし
        ルンバを使っている人の中で一定数目覚ましとして使っている
        人がいるとしたら、機能として付けるのはありですね。
        そんなに高くないだろうし。
        これは実際はやってないですよ笑


        実質、目覚まし一個でも目覚められるし
        無くても目覚める事が多いのですが
        色々リスクヘッジをして、こういった対策を取っています。

        寝坊して遅刻する人って
        どこまで対策してるのかなーっていつも
        疑問に思っちゃいます。

        対策を取り続けて、寝坊しちゃったのならそれは
        睡眠時間がそもそも短いとか睡眠に問題がある疾患の人かもしれないですが
        目覚ましが気付いたら止まってたとかっていう人は
        そもそもそんなに起きる気がないんだろうなぁと思うわけです。

        さて、良い週末を!

        | Keni | Learning and self development | 19:14 | comments(0) | - | - | - |
        FASID】人生がクロスする場所
        0
          今日は朝ごはんを外で食べるつもりのKeniです。
          Wifiルーターは虫垂炎の予後が中々良くならない
          友人に貸し出し中なので、MacBook Airは
          適当なWi-fiでつなぐ事にします。

          知人は多いのですが、友人が少ない自分としては
          数少ない友人との出会いを共有しようかと。

          実は、転職したのですが、その直前の1月くらいから
          FASIDという外務省の外郭団体の研修に申し込んで
          通っていました。
          研修の内容は「国際開発入門」。
          国際開発に興味のある社会人達が
          平日夜な夜な集まって研修を受けるコースです。
          実地コースもフィリピンであったりして、それも良いらしいです。

          当時、かなりハードワークな職場にいた自分ですが
          仕事の合間を縫って、平日の夜の時間を確保して
          21時くらいに仕事が終わってから仕事に戻るなんて
          こともざらにありました。
          (とは言え、それでも出席率は3割くらいだったけど)

          そこでの研修生達は
          ・メガバンクを辞めて、来年からルワンダへ
          ・コンサルを辞めて、すでにコンゴへ
          ・某R社を辞めて、イギリスの大学院へ
          ・コンサルを辞めて、国内の開発系の学校へ
          ・金融の仕事を辞めて、国内の開発の学校へ
          ・銀行を辞めて、コンサルへ
          ・コンサルを辞めて製薬会社へ行くと同時に大学院に通い始める
          等々
          研修が終わった半年間の間に「変化」を自ら起こしている人たちでした。

          途中地震があったっていう要素ももちろんあるのかもしれないけど
          「いつかこういう事やりたいな」と思っている人が
          普通に過ごしていれば、そこそこ快適に過ごせる日常を捨てて
          一歩踏み込む人達がたくさんいました。

          正直、数回しか会っていない人もいるし
          一回も会ってない人もいるけれど
          すごくすごく良い環境に遭遇できたなあと。

          自分はこういった人が集まる環境に過去恵まれて
          生きてきていて、ここで会った友人達からも
          刺激を受け続けて生きて行くんだと思います。

          今まで色々な人が生きてきた人生の線が
          FASIDっていうポイントでクロスして
          それからまた自分たちのやりたい方向に
          離れ離れになっていうイメージが頭の中に浮かんで
          すごく良いなぁと思った今日この頃でした。

          さて、自分もone step forwardしないと。
          何のために前職の退職メールにわざわざnext stepを書いて
          自分を追い込んだんだか。

          Keni
          | Keni | Learning and self development | 06:02 | comments(0) | - | - | - |
          ガジェットが好き
          0
             昨日は胃カメラを受けてきたKeniです。

            いわゆる人間ドックなのですが
            バリウムを飲んだ後のお腹の具合がよくないところとか
            結局異常があった場合、内視鏡で見なきゃいけない
            って事なので、胃カメラに変更してみました。

            嘔吐反射が激しいタイプなので、念のため静脈内沈静法も実施。
            ベンゾジアゼピン系ですね。

            結構反射は激しく、唾液とかだらだら垂れていたものの
            特に精神的には動揺する事なく、終了。

            胃カメラも特に異常はないようでした。
            ただ、ちょっと胃の粘膜が萎縮なので、要注意と。

            最近は、経口の内視鏡だけでなく、経鼻の内視鏡も増えているようで
            技術による進歩って本当に面白いよなぁと思っています。

            さて、技術関連で本題に入りますと
            私は携帯電話とか小型の電子機器、いわゆるガジェットが大好きです。

            <現在持っているガジェット>
            ・携帯:iPhone, Experia, Black Berry, 東芝の普通の携帯
            (会社のものも含む)
            ・タブレット:iPad
            ・その他:自転車のサイクルコンピュータ, Bluetoothのヘッドセット
            ・補助グッズ:USB経由で放電可能なエネループ

            <欲しいガジェット>
            ・Kindle
            ・Mac Book Air
            ・iPod nano

            家のディスプレイはデュアルディスプレイだし、
            もちろんウェブカムだって装備。
            家の中はルーターにUSBメモリが付いていて、
            どこからでもリモートアクセスができるように設定してあります。


            昔から、こういったガジェットは大好きだったのですが、
            最近少しずつ仕組みも理解できるようになって
            より、楽しい日々が続いています。休日も気が付いたら、
            そういうサイトを見たりとか
            少しずつ知識も付きつつあるので、どっかで時間を集中投下すれば、
            多少様になるかもしれないですね。

            これは、自分で決めたんだけど、一生の目標の一つは
            「一生テクノロジーの進歩についていく事」
            どっかで諦めているおっさんには成りたくないです。

            ちなみに、ITってところでいくと
            地頭とかで一点突破できるくらい頭が良い訳じゃない人なので
            何か能力やスキルの掛け算でいけるようにしないとですしね。
            自分の場合は、「ヘルスケア」「英語(日本国内にいるならね)」
            「ロジカルコミュニケーション」「IT??」
            が強みになっていけると良いなぁと画策中。
            まだ、どれも発展途上だけど。

            ITはプログラミングまでいくと、絶対勝てないGeekがいるので
            すごさを理解できるという程度まではいきたいものですね。

            では、良い三連休最後の一日を。

            ちなみに、今日誕生日なので、Mac Book Airとか
            Kindleとかくれるって人は
            Welcomeです。いつでも連絡下さい。
            そうじゃない人もメッセージだけでも喜びます笑
            | Keni | Learning and self development | 07:35 | comments(0) | - | - | - |
            内定時にすべき事
            0
              休日の朝は働き者のKeniです。
              部屋の掃除、洗濯、英会話とその後ジムにいったりして、午前中は過ぎて行きます。
              今日はシンガポールランチに行く予定。

              まだ、一年と半分未満しか経っていないけれど、内定中にした方が良いと思った事を送ります。
              以下に書くのはあくまで俺が考えるやっておくべき事なので
              良いとこだけCherry pickして下さい。
              これって微妙じゃない?って思うところがあったらDevil's advocateの意味も込めて
              インプット下さい。お願いします。

              <学校関連>
              ヽ惺擦慮Φ/勉強に真剣に取り組む
               ・仕事をする上で、最低限「ミスがない」とか
                「もう一段付加価値を出す」とかって心構えが大切で、
                それを日ごろの研究/勉強だったらどう出せるか考えてみて下さい。
               ・GPAを上げる。留学したい時にGPAは高い方が良いです。
              ⊇蠡哀灰潺絅縫謄での人を大事にする。
               ・入社すると自分の名前+会社の名前が常につきまといます。
                やっぱりある程度打算も加わってくるので
                打算を考えずに、付き合える仲間を大事にしておきましょう。

              <キャリア系>
              F眥蠕茲らネクストステップのための準備
               ・まずはお世話になった人にお礼と報告の連絡。可能なら会って色々話をしましょう。
               ・内定を辞退した会社/途中で落ちた会社も担当者に連絡するとか良いかも。
               ・さらに多くの社会人と会いましょう。
                -内定者には会社名の看板が付くのでただの学生より
                 社会人が会ってくれ易いと思います。
              け儻譴諒拔
               ・これからの社会、英語ができた方がより良いと思うので
                Smart.fmなりレアジョブなりを使って勉強しましょう。
               ・可能ならTOEFLのスコアを真剣にやって取っておくのが良いかも。
               ・余裕があればGMATも。5年間有効なので、
                5年もあったら、会社辞めて留学しててもおかしくない。
              テ表
               ・ビジネス書とかじゃなくて、古典とか歴史小説とか。
                -社会人になって、年配の方と話す時のネタになります!
              Ε咼献優垢諒拔
               (一般向け) 
               ・日経ビジネス1年分
               ・興味ある分野の雑誌一年分とかw
               ・グロービスMBAシリーズ
               (コンサル向け)
               ・コンサルティング入門
               ・ロジカルシンキング
               ・考える技術 書く技術
               ・問題解決の全体像
               ・三枝さんの三部作 戦略プロフェッショナル
               ・意思決定のための「分析の技術」

              <プライベート系>
              Ъ駝を見つけておく
               ・趣味じゃなくても良いですが、熱中できて仕事を忘れられそうな事を
                見つけておく事を進めます。
              遊ぶ。
               ・可能なら親からお金借りてでも、遊びましょう。
                −旅行等もここに含みます。
              異性のHigh probability Listを作っておく。
               ・前提:社会人になってから、新しく異性の人と仲良くなるのって結構難しいです。
               ・なので、
                    A:付き合っても良い
                 B:遊ぶには良い
                   C:友達を紹介してくれれば良い
                といったようにポートフォリオを組んでおきましょう。
               ・前の彼氏/彼女とか嫌いじゃなかったらちょっと連絡しとくのもありかも。
                -スピード結婚している知人の方は学生時代付き合ってた人と
                 再度付き合い、半年とかで結婚してます。
                -"学生時代の男女関係は結婚までのファストパス"

              と、色々書いてきましたが、上記よりもっとずーーっと大切な事があります。
              それは


              今一番ワクワクできる事、やらないと死の床で後悔しそうな事に全力で取り組む事。
              無心になってやり込むが結果的には自分自身を成長させます。


              (もうアラムナイとなってしまったオフィスの先輩より)

              私の場合は、東北地方向けの就活セミナーとかベトナムの結核インターンとか。
              自分自身の軸だったり、自分の大切なものを見つけるきっかけになります。
              軸を通す事が必ずしも必要ではないけれど
              楽しいと思える事の種を見つけておく事は大切です。
              | Keni | Learning and self development | 10:07 | comments(0) | - | - | - |
              失敗に学ぶ
              0
                GWは自宅or友人と軽く会う程度で比較的ゆったりとした時間を過ごす予定のKeniです。
                いくつか、やりたい事はあるので、それの整理といったところでしょうか。

                ・精神面)自分が何が楽しいのか再確認
                 −色々最近行っている事を棚卸して、気に行ったところとか楽しかった事を深堀り
                ・肉体面)毎日走って体脂肪現象
                 −とりあえず、今朝はサクっと走ってきたので、明日こそプールかな。

                という事でサクっと本のご紹介。

                本を一言で言うと
                1つ1つの章がメッセージを持って、構成されている講義のまとめです。
                具体的には以下のような内容を含んでいます。
                ・ルールは破られるためにある
                ・機が熟す事などない
                ・早く何度も失敗せよ

                最後の部分だけ少しピックアップして書きます。
                内容は大きく三つあって
                ・失敗とはリスクを取れる人間の証で、そこから学ぶ事が大切
                ・失敗を数多くする事で、引き際の感覚を身に付けられる。
                ・失敗に対する備え方は失敗は避けられないと認識する事。

                という事でそこから考えるネクストステップは
                ・人生の今までの失敗を振り返り、時系列に並べる。
                 −失敗を類型化、対策を構築
                 −この時自分のパーソナリティごとに分類を実行
                ・日々に行う事は、毎朝と週の初めに失敗しそうな事を3つ考え、対策を作成。

                って感じでしょうか。

                あー、本当ロジックで書くと味気ない文章。

                GW中に自分らしいBlogをかけるようにしますねー。
                | Keni | Learning and self development | 13:28 | comments(0) | - | - | - |
                孫正義 スピーチ 今日まで!
                0
                   今日までなので、時間が少しでもある人は見て下さい!

                  孫さんのスピーチです。

                  今26歳になったところだけれど、孫さんに比較して何もできていない。

                  何のために働くのか、何のために生きるのか脳みそをガーンと叩かれたような
                  衝撃を受けています。

                  就職活動中だったら、SB受けてたなぁ。

                  ChikirinもBlogで書いてたけど
                  睡眠時間削っても2時間くらいなら死なないから、ぜひ。

                  http://www.ustream.tv/recorded/5828069
                  | Keni | Learning and self development | 20:10 | comments(0) | - | - | - |
                  個人的iPhone活用方法
                  0
                    Googleが百度を買収というニュースに騙されたKeniです。
                    帰りの電車の中でそれを見つけ、おぉ!Googleさすが、エキサイティングな事するなぁ。
                    どこの投資銀行が絡んでるんだろーとか妄想に妄想を重ねていたのですが
                    5分後、エイプリルフールと気付き、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。
                    Retweetまでしちゃってましたからね笑
                    http://cn.jpn.org/401.htm

                    さてさて、今日は個人的にiPhoneをどのように活用しているのか書こうと思います。

                    アプリ紹介も含めて、ずらーっと網羅的に書くので、構造が汚かったらごめんなさい。

                    iPhone使ってない人はスルーorこんな色々できるんだ!って思ってください。

                    写真はあんまり関係ないマレーシアのモールです。都会ですよね。

                    <出費管理>
                    アプリ:iExpenseitを使用。出費管理だけなら特に不便はないですね。

                    <RSSチェック>
                    アプリ:GReaderAppを使用。オンラインで一度読み込むと、
                              オフラインでも大体のところまでは読めるのがGood。
                         難点は共有したかったりする時にメールだと一度アプリが落ちちゃう事。
                         tweetすれば問題ないんだけどね。

                    <twitter>
                    アプリ:Echofonを使用。PCではHootSuiteだから本当はあわせるべきなのかな??
                         特に不満はなし。

                    <タスク管理>
                    アプリ:RTM 有料じゃないと使えないけど、便利。
                    決まった時間にその日のTodoを一覧で送ってくれるし
                    iPhoneに連動させれば、指定時間にアラートが出ます。
                    タスクにタグもつけられるし便利。
                    他の携帯電話でも使えるのが良いですよね。
                    もちろん、サーバーを通じて同期。

                    <電話>
                    アプリ:Skypeを使ってます。職場も自宅もwi-fi環境なので。
                    固定電話にかける⇒Skype
                    SBにかける⇒iPhone
                    その他⇒Docomo
                    っていう使い分けでしょうかね。

                    <メモ>
                    アプリ:Evernote。
                    基本的にPCに同期されているので、iPhoneで編集した続きがPCで使える
                    保存方法
                    ・外にいるときはボイスメモに適当に入れる
                    ・写真に残したいものは写真をアップ
                    ・テキストで残す事も
                    ・Websiteとかなら登録用のEmailアドレスに送信
                    +αで一日のあった事をEvernoteに集約して書いています。
                     タグもつけられるし便利。

                    <検索>
                    アプリ:Google appで音声検索がメインでしょうか。楽ですしね。

                    <英語学習>
                    |姥譟Д▲襯のパワーワードを使用。まぁ不満もあるが、Better that nothing。
                    読み物:iPhone for Kindle or Time。Timeはただで読めるのがGood。
                    リスニング:PodcastやAudio book。Audible契約して大体月一冊は聞いています。

                    <名刺管理>
                    アプリ:World card。大体間違いなく読み込むし、便利。2300円なのは難点か。

                    <メール>
                    PCと完全に同期し、Thunderbirdで処理。
                    自宅にいる際は携帯から文字入力なんてしません。
                    とは言っても、フリッカーのおかげでiPhoneも十分問題なく早いんだけど。

                    <ラジオ的>
                    家にいるときは料理とかしてても、お風呂入ってても、基本的にiPhoneから
                    PodcastとかAudioBookとかを流すようにしています。

                    <カメラ>
                    Camera Geniusというカメラを使ってます。
                    手ブレ補正はあるし、色々昨日は付いているし、不満は全然なし。

                    <読書管理>
                    ブクログで今まで読んだ本は結構登録しています。
                    iPhoneのアプリでバーコードを読み込んでそのまま登録できるから便利。
                    ここ最近も同じくらい読んでるんだけど、仕事関連が多いのであんまり
                    アップしてないですね。

                    さーて、楽しい週末があとちょと!
                    | Keni | Learning and self development | 13:34 | comments(0) | - | - | - |
                    英語の勉強方法
                    0
                       先週の連休更新しなかったKeniです。
                      三連休はアクティブに動きすぎてしまっていて逆に
                      更新してる時間がありませんでした。

                      飯田橋-大手町間を歩いたり、神楽坂でしゃぶしゃぶを食べたり、後輩に会ったり
                      何でも言える友人とケーキを食べたりと本当に充実した時間を過ごせました。

                      本もたまってたのを何冊か読めたし、非常に充実でした。

                      さてさて、今年に入ってから実はこそこそ英語を勉強しているのですがその方法について
                      書きたいと思います。もっと良い方法があるよー。って方は教えてくれるとうれしいです。

                      <英会話>
                       ̄儔駭 in 社内
                      会社の英会話を大体週に一回くらいやっています。
                      ・宿題で記事を読み、内容についての意見をプレゼン
                      ・リスニング等を行い不明な単語を理解
                      先生が優秀なので、すごく毎回勉強になります。トピックもビジネス向けだし。

                      英会話 at home
                      レアジョブを契約してフィリピンの大学生と英会話を行っています。
                      ・記事を読み、内容についてディスカッション
                      ・会話の中のエラーを逐一ポイントアウト→修正
                      ここでは、ヘルスケア関連の学生と話すことが多いので公衆衛生だったり、医療に関して
                      ディスカッションする事がメインです。
                      今、良い先生を探し中。

                      <英単語勉強>
                      究極の英単語のvol.3とiPhoneのPower wordsアプリをやってます。適度に知ってる単語がないと挫折しちゃうので。。。
                      色々単語帳はあるかと思いますが、これでそれなりに効率的に記憶をできているので、問題なさそうです。
                      寝る前に必ず10ページやって、週末ぱらぱらと覚えてないところにチェックをつける。
                      歩いている間はPower wordsで勉強。

                      <リーディング/リスニング>
                      Kindle for iPhoneだったり、Podcastだったりで移動しながらとか常に英語に触れてるようにしてます。

                      <ライティング>
                      今やりたいのが英作文を作って訂正してもらうこと。インド人とかにお願いしたら結構安価なサービスとかありそうなんだけどなぁ。
                      ひとまず、この単語のときはこれは来ないだろみたいな感覚を身に着けるまでには至りたいですね。


                      って、書いてみると意外と普通な事しかやってないですね。
                      でも、毎日するっていうのは意外と大変。
                      すごくなるためにも、毎日普通の事を積み重ねていきたいものです。
                      | Keni | Learning and self development | 12:58 | comments(0) | - | - | - |
                      Dialog in the dark
                      0
                        Dialog in the darkに行ったKeniです。
                        twitterを見ていたら、誰か知り合いかその知り合いくらいが
                        すごく良かったと言っていて、色々思うところもあり
                        行ってきました。

                        行ったのは休日だったためちょっと高めの7000円。

                        それでも、それ以上の価値はあったし素晴らしい経験でした。

                        【感想】
                        ・真っ暗闇に1時間以上いると顔は見えないはずにも関わらず、見えてくる感覚があった。
                        ・人が周りにいて本当に良かった。と思えた。

                        ってとこですね。
                        人生観変わるは言い過ぎかもしれないですが、きっと何かtake awayのある時間が過ごせるはずです。
                        興味がある方はぜひ。

                        もうちょっと示唆深い文章を書きたいな。
                        頭を使う時間が足りない。

                        んで、感想の結果始めた事が下の二つです。

                        【二つの始めた事】
                        )バリアフリー度の評価付き飲食店データベースに協力
                        色々考えて、何か役に立てそうな事はないかなぁと思って、去年くらいから温めていたものを再開。
                        いわゆる食べログとかぐるなびとかといったものには載らない、障害者の方に取っての利用しやすさを評価するデータベース。
                        システムとして、もうちょっとうまく作れそうな気がするので、可能であれば、オフの時間に何か強力できたら良いですね。
                        http://quuzu.jp/

                        )伴走者MLに登録
                        最近、太ってしまったため、土日の片方は必ず走っているのですが、伴走者に将来なる+痩せるという二つの目標のためにMLに登録をしてみました。
                        来月に一度、研修を受けに行く予定です。

                        と、まぁまとまってないですが、色々うにうに考えて、何かできないかなと生きています。 


                        さて、今週も折り返し、がんばりましょう。

                        (参考)
                        Dialog in the dark Japan
                        http://www.dialoginthedark.com/index.html

                         目以外のなにかで、ものを見たことがありますか?

                         暗闇の中の対話。
                         鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。
                         足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。
                         仲間の声、乾杯のグラスの音。
                         暗闇のあたたかさ。

                         ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのエンターテイメントです。
                        | Keni | Learning and self development | 09:09 | comments(3) | - | - | - |
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        + PR
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + RECENT TRACKBACK
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + ブクログ
                        + 連絡先
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE