Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    正しいLearning attitude
    0
      イースターに入りましたが、同じように朝は運動して、夜まで学校に行って、それからたまに飲む
      っていう同じパターンの生活をしているKeniです。

      気が付いたら、怒涛の三ヶ月も終わって4月に入り、留学生活の1/3くらいが終わってしまいました。
      いやー、本当Time flies.

      30%が終わったところで、元々の目標を振り返ってみて、
      「投資のもとを取る」っていうのが入っているのに気が付きました。

      人によってもとの取り方や感じ方は違うと思うのですが
      自分としては、どれだけ変化があったかを投資の効果として見ようと思ってます。
      (人によっては、最小限の努力で、MBAという称号が欲しいって人がいる事も理解しています)

      その中で、自分を変えるためには
      1. 自分の問題点を見つける
       ・自分自身で気がつく
       ・人からFeedbackを受けて気がつく
      2. 問題点を変えるために改善する行動を取る
      3. 行動を習慣化させる
      4. 1に戻る

      っていうプロセスが適切だと思っています。

      その中で、1が一番すごく辛くて難しいプロセスなんじゃないかなと最近は感じていています。
      人から何かを指摘された時に、ついDefensiveになってしまう事は十分理解できるけれど
      そこをぐぐっと踏み込んでみて、変える事で投資対効果の最大化につながるんじゃないかなぁと。

      自分自身で、そこがちゃんと出来ているかと言うと、改善の余地はもっと沢山あると思うけれど
      ・自分が何を考えているかopenでreasonableな事はちゃんと聞く事が多い
      ・Feedbackを自分から取りに来る事が多くLearning attitudeがある
      と言われているから、少なくとも前よりは改善しているんだと思っています。

      で、長くなりましたが、そのきっかけになったのが掲載している現役力って本なんですよね。
      一社目のコンサルティング会社で働いて、最初中々うまくいかなくて苦しんでた頃
      教育担当のK池さんという方が、お勧めだから読んでご覧って言われて
      そこに下記のような主旨の事が書いてあったのを覚えています(具体的な文章は違うかも)
      ・自分ができない事を全力で認める
      これがなぜかすごい刺さって、今でも定期的に読み返すようにしています。

      特に、他罰的な思考になって、思考になっている時は。
      | Keni | 留学中の話 | 17:08 | comments(0) | - | - | - |
      常に教わる立場にいる事
      0
        焼き豚を作ろうと思ったら、煮込みすぎて硬くなって凹んでいるKeniです。
        中々難しいものです。せっかく八角も買って、中華風のを作って
        近所に配ろうと思っていたのに、これは人に食べさせられない。

        さて、最近、常に生活のどこかで学ぶ立場でいる事って大事なんじゃないかなと思ってきました。
        自分は少しでも調子に乗ると、つい傲慢さが出てしまう傾向があって、
        でも、水泳に日本で打ち込んでいた時は、どことなくそこから逃れられていた気がしています。
        そこの違いって、生活のどこかで、自分が優位じゃない立場にある場を持っているかどうかなんじゃないかなぁと。

        水泳チームに所属していたのですが、そこは、入った当時自分が29歳で一番年下という結構シニアなチームでした。
        技術はもちろん、考え方とか、仕事の話も含めて、この人達面白いし、いつになったらこういう風になれるものなのかなぁと
        いつも思っていたのを覚えています。

        で、そういう時って、仕事にもある程度影響があったような気がしてて、ともすれば傲慢になっていまう
        自分に対して結構ブレーキがかかってたんじゃないかなって。

        それは良い影響だと思っていて、これから意識的に学ぶ立場を創りだしていく事が自分にとってすごく価値があるんだろうなぁと。
        掛け値なしで尊敬する友人が華道をしているのだけれど、今度ちゃんと理由を聞いてみたいな。

        何を学ぶかは分からないけれど、水泳と料理はまず1つ。
        もう一個くらい、仕事とはかけ離れたものがあると良いな。

        さて、新しい一週間に始まり。
        | Keni | 留学中の話 | 08:42 | comments(0) | - | - | - |
        かさぶたを取る
        0
          日の出が早くなって、少しずつ暖かくなって幸せな気分になってきているKeniです。
          日照時間とうつは逆相関が見られるように、自分も影響を受けてるなぁと思います。
          さて、今の学校ではLeadershipなる授業を受けているのだけれど 主に3つの事をしています。
          ・そもそもの型を学ぶ授業
          ・実際に課題やグループワークを与えられて、実験し、外からの評価を受け、学んだ型を実践する授業  
           −自分史を15ページ書く  
           −学びをもとにチームとしてうまくいくために自分を変える実験をして、その分析をまたレポートとして書く
          ・Psychoanalysit と50分×20回のセッションを実施する

          始まってまだ二ヶ月とちょっとくらいだけれど、すごく良い発見がありました。
          今まで、自分を(敢えて悪く言うと)縛っていた昔の傷みたいなのがあって、それを守るように 様々なスキルセットだったり、勲章だったりを集めてきていたんだなぁと。 言い方を変えるとかさぶたというかなんというか。
          、色々とかさぶたを剥がしてみてみたら、実はもう傷なんてあんまりなくて あー、あっさりと色々な経験の結果で解決されたんだなって思いました。
          初めはマイナスのドライバーで始まった事が、行動は変わらないけれどプラスのドライバーに 動かされるようになってたんだなぁって事に気がつく事ができました。
          なんというか、すごくすっきりしてます。

          来週も(月曜始まりで生きている人)良い一週間になりますように。
          | Keni | 留学中の話 | 20:11 | comments(1) | - | - | - |
          日記を書くという事<表現方法の多様さ
          0
            気が付いたら、もうあと260日くらいしか卒業まで時間がない事に気が付いたKeniです。
            LondonからLausanneに帰ってきて、あー、Homeに帰ってきたなぁって思いながら
            なんとなく新しいHomeができてうれしくなってました。

            ちょっと言い方は難しいのだけれど、IMDは授業が結構負荷が高くてLausanneっていう街の特性もあり
            学校の事をしていると一日の大体が過ぎていってしまう印象。

            さて、そんな忙しい日々だけれど、毎日欠かさず行っている事として日記を書いています。
            使う時間と言っても20分くらいだけれど、頭に溜まったものを整理してきれいにするイメージ。

            日記を書くのはもう何年もやっていて、それでも多分文字にすると
            色々消えてしまうものがあるんじゃないかなぁと思ってるんですよね。

            歩留まりとしては、多分30%くらいで、残りの70%は多分感じた事を文字に移す時に
            消えていってしまうんだろうなぁと。

            別の友人と話していた時に、絵を描いてる人がいて、文字みたいにClear cutじゃない方法だと
            もう少し残せるものがあるんじゃないかなぁと今は思っています。

            結局自分に見せるためのものだから、別になんでも良いんだけど
            今の候補としては、料理とか、絵を練習してみるとかを考えてます。
            特に料理かな。そのためにも普通の型を覚えるっていうのが先かもしれない。

            留学して、ビジネスの勉強をしてるはずなのに、何をしてるんだかって感じですが
            ひとまず楽しく過ごしてます。
            | Keni | 留学中の話 | 17:13 | comments(0) | - | - | - |
            Leadershipの授業の意味
            0


              バランスボール生活を始めたKeniです。
              前の仕事よりデスクにずっといる事が多くなったので、腰のためを考えて
              バランスボールを導入。
              学校用にもう一個買おうかな。迷うところ。
              写真は仕込んだ煮玉子。よく見ると油の層と分かれてるので
              次回からちゃんと油を取る事にしよう。

              さて、先週も話したリーダーシップの授業ですが
              自分にとってはしっくり来る例えが見つかったので、書いておこうかと思います。


              武井壮が語ったスポーツが短期間で上達するコツ
              http://logmi.jp/5734

              武井壮さんがスポーツを得意になるためには、まず自分の体を正確に動かす事が
              できる必要があるって話がざっくりと記事の中には書いてあります。
              で、今受けてるLeadershipってそういう授業なんじゃないのかなぁと。

              ・どういう行動や表情や言葉を使っているのか
              ・その理由は何か
              ・結果どういう影響を与えているのか

              って事を理解する=自己認識を高める。
              それから、どういう状態が理想的なのか考えて、改善していく
              ってプロセスを回していくって事が今やってる授業の中で
              肝なんだろうな。と思ってます。

              今は一番最初の自己認識を高めるところ。
              言葉にするとなんとなく胡散臭さが漂うけどね。
              | Keni | 留学中の話 | 19:59 | comments(0) | - | - | - |
              Leadership stream 感想とか
              0

                近所の日本料理のお店のオーナー夫婦にお世話になりまくっているKeniです。
                たまたま住んでいるアパートの徒歩15秒くらいのところに和食をテイクアウトで出すお店があって
                そこのオーナーのご夫婦と仲良くさせてもらってます。

                見慣れない野菜を見つけたらとりあえず買ってみて調理方法を聞いてみたり
                卸売りみたいなところで、豚肉を大量に買ってきてもらったり
                たまに商品をサービスしてもらったり
                こんなにお世話になりっぱなしで良いんだろうかという状態です。
                写真は頂いたムール貝を家で調理したところ。
                これから同じアパートの同級生たちとムール貝をつまみつつ
                適当に持ち寄って、だらだら話す予定。

                さて、今週は通常の座学っぽいものはなくて
                IMD独特のLeadershipという授業でした。
                内容を書くと来年の人とかに良くないかもしれないのでざっくりと書くと。
                ・チームでやや過酷な環境で一日中、チームで共同作業に取り組む
                ・活動は全て録画されていて、コーチからFeedbackやそれを見ながら話す機会がある
                ・終わったら、コーチを除いて、皆で見ながらFeedbackをし合う
                ・翌日コーチの1 on 1 sessionで1時間みっちりFeedback。

                思った事としては
                ・コーチの人材としての質は本当に高くて、よくこんな人達を何人も揃えてきてなって印象
                ・どういう言葉を自分が使いがちで、それが良いのか、良くないのかを見る事ができる
                ・自分がどのような表情でどういう風に振舞っているかがすごくよく分かる。
                ・あー、自己認識できてるなんて思ってたけど、本当薄っぺらい範囲の中でしか過ぎなかったなぁ。
                って事でしょうか。

                ハードスキル(知識として身につくもの)に関しては、本当MOOCsで良いと思うんだけど
                これは実際にこの場にいて、参加していないと難しい事だからここにはすごく価値を感じている。
                | Keni | 留学中の話 | 05:42 | comments(0) | - | - | - |
                定量化する事と改善していくこと
                0


                  新しい学校生活が始まったKeniです。
                  ちなみに写真はランチの様子。

                  本家の学生ブログの方には淡々とした文章を書いたのですが
                  少しこっちで思ったことを書いておきたいと思います。

                  まとめると
                  1. ​教えてくる内容が全てが目新しく驚くものがある訳ではない(期待値セッティング)
                  2. それでも、ガツガツと発言をしていく事はどことなく難しい(自分への期待値)
                  3. 定量化始めました(いつもの事だけど)
                  ってところかな。

                  では、1から

                  1.​教えてくる内容が全てが目新しく驚くものがある訳ではない(期待値セッティング)

                  元々、学問や知識としての経営学に大きく期待をしてきた訳ではないですが
                  やっぱりマーケティングや戦略といった部分に関しては、特に目新しいものはないです。
                  業界分析のフレームワークに関しても、ふーん。って思う以上も以下もないくらいの
                  内容も多いです。それはたまたま自分が何度も何度も苦労して既知の内容になっているから
                  かもしれないですけどね。


                  2. それでも、ガツガツと発言をしていく事はどことなく難しい(自分への期待値)

                  自分で理解はしているのですが、「正しい事を言おう」「間違いたくない」って思うあまり
                  つい確信が80%くらいまで行かないと手をあげて発言できてないと思います。
                  でも、それだと(十分な速さで確信に至る割合)×(当ててもらえる割合)の掛け算の結果
                  すごくClass participationは少なくなっていってしまいます。
                  多少見切り発車か、とりあえず手を挙げるくらいにしていかないと厳しそう。
                  ここがまず最初のメンタルブロックかな。


                  3. 定量化始めました。
                  という事で、新生活が始まって、記録し始めてKPIとして振り返るものをセットしました。
                  • 発言の回数と質(質はA~Cで講師のリアクションから評価)
                  • 体重(太ったら困りますからね。FitbitのWifi体重計を持ってきました)
                  • ウェイトトレーニングの進捗(Excelで何kgを持ち上げたか記録してます
                  その他定性的に
                  • 日記を毎日書く。またそれを家族に送る
                  • 面白いなって思った英語のフレーズはメモしておく
                    • 例えば、授業で、問題を学生に解かせる時に、Who wants to take a stab in?って聞いてたとか
                    • 議論の壁打ち役の事をsounding boardって表現したりとか
                  • ルーティンやこういうのって今後もありそだなぁと思ったら、構造化してメモしておく
                    • これは実は昔からやってます。Excelの仕事をする時のチェックリストとか。
                  • あー、感情がプラスでもマイナスでも動いたなって思ったらメモしておく
                  とかをしてます。

                  やっぱり自分が安全地帯にいて、今までの自分のままで勝負して圧倒的に勝てる環境じゃないからこそ
                  少しずつ自分を変えていけたら良いなぁと。
                  向き不向きよりは前向きにね。
                  | Keni | 留学中の話 | 15:47 | comments(0) | - | - | - |
                  スイス自炊生活
                  0
                    朝の日の出が八時以降な事にも慣れてきたKeniです。

                    スイスで暮らしてた人に出発の挨拶のメールを送ったら
                    ・適度な運動をして
                    ・日光をしっかり浴びて
                    勉強してくださいねって
                    言われたのが印象的で。日本だと日光を浴びるとか中々意識しないけれど
                    この国ではそうじゃないなぁと思います。

                    栄養素のために日光が必要とかって話はまぁあるっちゃあるけど
                    そういう事より、もう少し精神的なものかなぁと。
                    日照時間と鬱の逆相関は確か見られるって論文読んだ事ある気がしますしね。

                    さて、今日の話は物価が高いというスイスの生活の話。
                    スイスが高いものは人件費で、人が関わるものは全て高いです。
                    顕著なのは外食。大体パスタとかピザとかメインの料理は18CHF(2.200円くらい?)
                    でサラダとかビールとかつけたら4,000円くらいさくっと行ってしまいます。
                    旅行者で自炊ができない生活をしている場合、そうとうキツいだろうなぁと思います。

                    一方、スーパーに行ってみると野菜は日本の都心で買い物するより少し高いかなぁという程度ですが
                    お肉はやや高め。400gの豚バラブロック肉が1,000円くらいします。
                    お肉を日々食べて生きていきたい身としてはややつらいです。
                    薄切り肉はスライサーがないので、中々薄切りにするのも難しいですしね。

                    とは言え、知識がついてきて探せるようになると
                    安いものもちゃんと見つけられるので、自炊できる人ならそれなりに生活できるんじゃないかなぁと思います。
                    水も1.5リットルで0.35CHF~500mlで5CHF
                    まで場所と物によって全然値段が違ってきますからね。

                    その辺も楽しめるくらいの心の持ちようが必要なんじゃないかなぁと。
                    さて、一週間の始まり。
                    | Keni | 留学中の話 | 13:43 | comments(0) | - | - | - |
                    IMDというところで一年間勉強をしてきます。
                    1
                    • keni
                      2015-01-09 04:56:25

                    思ったよりフランス語ができるようになってないKeniです。
                    新年明けましておめでとうございます。

                    色々とこのBlogの立ち位置も考えたのですが
                    しばらくは留学している先の事について書こうかと思っています。
                    留学準備をしていた時に、アメリカやイギリスの大きな大学の
                    留学先の生活を書いている人は意外とあったのですが
                    何より一学年90人しかいない小さい学校の情報は
                    中々手に入るソースがなかったので、自分がそう
                    なれれば良いかなと思います。
                    留学中にBlog書くなんて、定番だなと自分でも思ったのですが
                    それでも、自分にとっては大切な場所で、誰かが
                    読んで役に立てたら良いなと思っています。
                    しばらくは、留学先の内容が多いかと思いますが
                    良かったら見て下さい。
                     
                    ちなみに、明後日から正式にプログラムが始まり
                    昨日から三日間は希望者向けのFinance/ Accountingの授業を受けています。
                    750CHF(9万円弱くらい)もするので無料ではないのですけどね。。
                    | Keni | 留学中の話 | 04:56 | comments(0) | - | - | - |
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << August 2018 >>
                    + PR
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT COMMENTS
                    + RECENT TRACKBACK
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + ブクログ
                    + 連絡先
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE