Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
<< 旬がまるごと。‐マザーフードマガジン | main | ぷん福まる vol.3 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    山寺 〜立石寺〜
    0
      山寺

      九州でも早起きのKeniです。
      朝から近くを散歩とかしてきちゃいました。
      こちらは桜が今、満開みたいです。

      桜前線って少しずつ上昇するイメージがあったけど
      東京もかなり咲いていたから今年は
      あまり時間の差はないみたいですね。

      今日明日は今まで一年間くらい取り組んできた最後の日なので
      気合いを入れていこうと思います。

      そんな最終局面を迎えて、ちょっと落ち着いて色々考えてみようと
      アクシデントの結果、一人で山形県の山寺に行き、立石寺に登ってきました。
      登るのに30分くらいだったかな?途中ゆっくり色々読んだり
      考え事したりしてたので、きっとそれくらいでしょう。

      たまに静かなエネルギーをもらいたいときには
      美術館に行く事があるんですが
      山の中も良いものですね。
      静かは静かなんだけど、そこら中に生き物がいる中でも
      静けさっていうのも良いものです。

      ただ、マイナスの感情もありました。
      というのは、でこぼこした木の幹に100枚は超えるであろう
      一円玉が挟み込まれていた事です。
      きっと、初めに誰かが思いついてやった事なんだろうけど
      その後、何十人という人が
      いや、落ちたり、外したりした分も数えたら
      何百人という人が
      一円玉を木の幹に挟むという行為を
      してきたのでしょう。
      なんて、多くの人がただただ一円玉をそこに差し込む
      姿を想像したら、嫌悪感を感じました。
      噴水にコインを投げ込むとかは何も感じないという事は
      木を傷めるっていう行為を数多くの人が行ったところを
      想像したからでしょうか。


      って、まぁネガティブな部分は置いておいて。
      非常に良いところでした。
      特に一人で登るには本当に良いところ。
      歩きながらとか考え事をすると良くまとまると言うけれど
      まさにその通りですね。

      ちなみに、私は知らなかったのですが
      立石寺は芭蕉が「静けさや〜」っていう俳句を
      詠んだ場所らしいですよ。

      さてさて、そろそろチェックアウトしようかな。
      | Keni | 旅行記 | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 07:27 | - | - | - | - |









        http://keni.jugem.cc/trackback/851
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + ブクログ
        + 連絡先
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE