Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
<< ユーハイム | main | 鈴木豆富店 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    硫黄島からの手紙
    0


      OptimistなKeniです。どうにかなるだろうし、してみせると信じています。
      これからはOpportunistでもありたいと考えています。
      日和見的なNegativeな意味ではなく
      機を見る事が出来る人という意味で。


      珍しく、映画を見てきました。
      硫黄島からの手紙です。

      珍しく「何か」という言葉を使いたい心情。
      知っている人は知っているかもしれないですが
      前、「何か」という言葉を使わないということにハマっていたことがありました。
      「何か」という言葉は本来なら別の言葉で置き換えられるはずの言葉を
      怠惰のために置き換えることを諦めたり、時間稼ぎのために使っている
      場合があるからという理由だったからなのですが、
      今回は敢えて「何か」という言葉を使いたいと思います。

      何か見て良かった映画でした。

      感想を言葉にして紡ぎ出す事は可能だけれど、自分の中で言葉が見つかりません。
      的確な言葉が見つからないのでどうも薄っぺらくなってしまいます。
      そもそも、映画を見た感情というか感想自体が整理しきれていないから
      じゃないかと考えています。

      二つだけ確かなのは渡辺謙が格好良かった事と
      戦争は良くないなという事だけです。


      戦争の無い時代に生まれてよかった。
      こんなにも人生が楽しい。
      | Keni | 映画 | 23:28 | comments(1) | trackbacks(5) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:28 | - | - | - | - |
        寝て頭がすっきりしたのでここに追記。

        「何か」を表現すること
        芸術的な分野って右脳だと思うのだけれど
        「何か」というものを表現するのに適している。
        音楽とか絵とか演劇もそう。
        そういう表現の手段を持ってる人はうらやましい。
        うまく説明できないけれど
        全部整理しないで敢えて矛盾をはらんで
        そのまま成長するようなものかな。
        | Keni | 2006/12/15 7:45 AM |









        http://keni.jugem.cc/trackback/486
        心温まるあいさつ文を考えよう
        あいさつ文をいちいち考えるのは面倒とばかり、あいさつの文例の例文の書き方をそのまま利用して、本当にあなたは満足ですか?
        | あいさつ文はあなたの心を写す鏡 心温まるあいさつ文とは? | 2006/12/15 1:55 PM |
        硫黄島からの手紙が言いたかったのは何か
        私の印象に残ったシーンが3つありました。 その一つは、オリンピック馬術選手だっ
        | 映画@古典映画情報 | 2006/12/15 11:01 PM |
        【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)
        1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
        | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/12/24 10:46 PM |
        「硫黄島からの手紙」見てきました。
         この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。
        | よしなしごと | 2006/12/26 9:46 PM |
        「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人
        クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
        | Ĺ???????? | 2006/12/27 10:25 AM |
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + ブクログ
        + 連絡先
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE