Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
<< RIMOWAのスーツケースを購入 | main | MBA留学の資金をどう確保するのか >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    MBA 留学後の海外就職の方向性
    0


      気が付いたら、あと5週間で卒業が迫ってきているKeniです。
      本当あっと言う間。クラスの仲の良い友人達が内定を取り始めて
      内定を取った人から順番にごちそうする食事会をしているのだけれど
      こういう会を数えているうちに卒業かと少し感傷的になっています。

      Classmate達と話していて、日本人が海外就職する上でいくつか方向性があるよねって話をしてたので
      それをまとめて書いてみようかと思います。

      0) 英語
      普通に問題なく意思疎通を行えるビジネスレベルで話せる必要があります。
      留学したからといって、単純にそれだけで英語が伸びる事は見込みにくいので、ここに
      到達していない場合は、追加で何か努力をする必要があるでしょう。

      0の前提条件とは別に大きく4パターンありそうです。

      1) 賢さで突き抜ける
      いわゆる日本人とかっていう事を抜きにして、1ビジネスパーソンとして優秀さを買われて
      就職するパターン。例としては
       ・Management consultingの英語圏のオフィスで働く
       ・多国籍企業の幹部候補育成プログラムに選ばれる(バックグラウンド無しで)
      とかが挙げられます。
      これは稀有な例ですが、ちょこちょこ居たりもしますね。

      2) 特殊でニッチなスキルで勝つ
      過去の勤務経験や大学での専門から、世界中探してもそんなスキル持つ人中々いないだろという人に
      当てはまって就職するパターンです。例としては
       ・歯科医師×マーケティングの経験を持つ人が歯科医療機器のマーケティング職に就く
       ・再生医療の研究をしてた人が、再生医療のスタートアップに入る
       ・R&Dをしていた人が同様の仕事に就く
       ・ロボットの専門で研究開発してた人がその研究部門の管理側に入る
      とかがあります。
      ニッチな分野で日本人であるって事を抜きにしても必要だよねって思われるパターンですね。

      3) 言語に依存しないスキルで働く
      言語に依存しないような、統計、プログラミング、財務会計、などなどのスキルは比較的
      日本語でも英語でも環境が変わらず、仕事ができる事が多いです。
      このスキルで仕事をもぎ取る人もたまにいますね。

      4) 日本に関わる仕事に就く
      日本企業や市場と関わっている会社でその担当者として仕事をするパターンです。
      日本の市場は拡大している訳ではないですが、汚職も少なく、市場も大きく、規制もある程度しっかりしているので
      多くの会社では魅力的です。また、日本語でないと仕事をする事が難しいため両方の間に立ってくれる人を探しています。
      友人も日本企業と提携する事になった欧州の企業の提携管理の担当者として最初は雇われていました。
      これは、海外就職という意味では、日本企業の海外支店とかも入ってくると思います。

      実際はこの1-4のどれか1つって事は多分少なくて、自分で自分自身をアピールする時に
      どれの方向性の事を話しているのか、意識して伝える必要があるのかなと。

      さて、自分もどうなることやら。
      | Keni | 留学中の話 | 15:51 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 15:51 | - | - | - | - |









         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + ブクログ
        + 連絡先
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE