Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
<< 最近、泳いでいます。 | main | 泳ぐという事 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    書評>ひらめきとイノベーションの授業
    0
      ちょこちょこBlogを復活させているKeniです。

      ほぼ毎週顔を会わせている慎さんが新しい本を書いたので
      レビューを書きたいと思います。
      さくっとね。

      ・見た目はキャッチー
      ・Know-how本というより、コンパスのような本
      ・若年層にはちょっと難しいかも

      ・見た目はキャッチー
      本のページを見てみると、難しいグラフは出てこないし
      全編カラーで絵は沢山だし、後で分かる内容に対して
      すごく導入しやすい設計になっていると思います。
      子どもにも読んで欲しいって多分思ってると思うんだけど
      そのコンセプトが見えます。

      ・Know-how本というより、コンパスのような本
      いわゆるxxを達成するためのxxの法則みたいなKnow-how本よりも
      楽な道を教えてくれるわけではないけれど、間違った方向に
      進まないように軌道修正してくれるコンパスみたいな一冊だと思います。
      1時間であっさり読める内容だからって言ってましたが
      「読める」と「理解する」と「実践する」と「効果を体感する」
      にはそれぞれ非連続なジャンプがあるので、実際に恩恵に預かるには
      長いことこの本と付き合う必要がありそう。
      結構体感したことない方法も乗っていたのでいくつか試してみます。
      実際に大量の書籍が紹介されていたのは本当に良かった。

      ・若年層には難しいかも
      この本は多分本当は、義務教育とかのレベルで体感していると
      それから先の発射角度が違うので、より意味があると思います。
      でも、例を多く取り入れて、デザインをキャッチーにしても
      やっぱりどこか難しい印象は拭えない感じ。

      ってな感じの感想。

      毎週日曜日の8:00〜10:00にThe Economistを読んで議論する会を
      慎さんと一緒にやっているんですが、結構そこで議論した内容も
      出てきてて、ニヤってしちゃいました。

      別件ですが
      The Economist Readers Groupに興味がある人は
      ご連絡下さい。FBグループに招待します。
      | Keni | | 20:45 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:45 | - | - | - | - |









           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + ブクログ
        + 連絡先
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE