Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
<< Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address | main | Cold Stone Creamery >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    すべては一杯のコーヒーから
    0
      加湿器をつけて寝たのに朝起きたら
      喉が少し痛いKeniです。

      見た目にきれいなだけで
      あんまり効かないのかなぁ。

      そしたら、ちょっと凹みます。

      実は金曜日は自分へのご褒美ということで
      本を一冊読んでいました。

      タリーズコーヒーを始めた方の
      お話です。
      セネガル→日本→アメリカ→日本という
      多彩なバックグラウンドを持ち
      銀行に入行。その後タリーズを
      立ち上げたようです。

      シアトルで有名だったタリーズから
      どのように提携を勝ち取ったか
      何を考えていたのかなどが
      書いてあります。

      色々思ったんですが
      いくつか感想。


      ・体系化されてないエネルギーにあふれた文章

      ベンチャーから大きくなった経営者の方の文章には
      パッションがあふれている事が多いと思います。
      洗練された体系化されたマニュアルブックなどとは
      異なり、荒削りの文章が心を揺さぶります。

      ・海外経験

      これは自分の肌感覚なので、本当かどうか怪しいのですが
      周りでも魅力的だったり、行動力があったりする人って
      いつかのタイミングで海外で生活をしていることが多いと思います。
      これは自分がそういったタイプだから共通点を
      発見し、自分が魅力的に感じているだけかもしれないですが
      外から自分の住んでいた世界を見るとか
      全く違った世界で適応して生きるっていう事が
      きっと良い影響もあるのではないかなと思っています。

      留学したいと言い出した自分に「行ってくればー」と
      返事をしてくれた両親には感謝しないといけないですね。

      お礼は言えるうちに言っておこう。

      Love Actuallyの中にも亡くなった妻の息子が
      告白しようか迷っている時にこんなシーンがありました。

      父:Tell her, then.
      息子:Tell her what?
      父:Tell you love her.
      息子:No way, they fly tonight.
      父:Even better,Sam, you've got nothing to lose
      and you'll always regret it if you don't.
      I never told your mam enough.
      I should have told her everyday.
      because she was perfect everyday.
      It ain't over till it's over.

      よし、今日も頑張って生きるぞー。

      ・昨日あった良かった事。
      なぜ、自分が今の道を選択したか思い出した。

      ・昨日という日は?
      Just a Normal Day, but it's precious.
      | Keni | | 05:26 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 05:26 | - | - | - | - |
        私も今、まったく同じ本を読んでます。

        読中の所感だけど、人格の形成期(人によって異なるけど、長くても20代までかな)に海外にいた人は肌で感じたことから、世界という「全体」の中の「部分」としての日本、他国との「関係性」における日本、といったより大きな世界観を持ちやすいのではないか、と。
        私は自分のことを、より大きな世界観を持った人に惹かれるのかなぁ、と思います。

        >体系化されていないエネルギーのある文章
        端的に鋭く特徴を捉えててさすがだね(笑)。
        | mikki | 2008/11/04 9:58 AM |
        >>mikkiさん

        いつも見てくれてありがとうございます!

        いわゆる海外に出て、自分は日本人だと自覚する
        っていうような事じゃないかなと思っています。

        >>端的に鋭く特徴を捉えてて
        あーすごいうれしいコメントです。
        少しずつレビューの腕も上がっていると
        良いんですが、どうも
        こうありたいっていう明確な像が見つかって
        いないんですよね。
        少し自分の中で理想像探しでもして
        みようかなと思います。
        | Keni | 2008/11/05 5:17 PM |









        http://keni.jugem.cc/trackback/1091
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2009/01/22 8:33 PM |
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2009/04/04 1:11 AM |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + ブクログ
        + 連絡先
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE