Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
新しい環境にきたらやって見てること
0

    シンガポールに引っ越してきたものの、相変わらず滞在している期間は半分くらいになりそうなKeniです。

     

    仕事内容も新しく、チームも、ロケーションも、製品も違うっていう新しい環境にいる中で思ったのは

    やっぱり、新しい環境に溶け込むにはいくつかルールがあるよなって事。

    なので、今日は自分用にそれをまとめてみようかと。

     

    1 とりあえず自分から挨拶

    知らない人がいたら挨拶をしてくれる人なんてそんなに多くないので、こちらから。

     

    2 ちょっとしたプレゼント

    大したものじゃなくて良いんだけど、少しお菓子をあげるとか喜ばれます。

     

    3 パワーバランスの確認

    多くの組織では、ポジションとは別によく分からない力を持ってる人がいるので

    king pin seeking abilityを最大限に発揮

     

    4 信頼して相談できる人を作る

    ちょっとしたことでも聞けるようにする

     

    5 うまく行っている人を真似してみる

    個人的にはこれが一番良いかなーと思ってます。

     

    パラパラ書いて見たけど、5が一番良いかな。

    真似ぶ=学ぶとかって言ってる人もいたけど、それは正しいなぁと思ってて

    とりあえず、行動様式から含めて受け入れられる範囲で受け入れてみる。

    それをしてみると、結構うまくいく理由もわかったりするのかなって思います。

     

    年齢を重ねてくると変化するのは難しいけれど、少しずつ色んな人の良いところを導入していくって方法が自分にはあってるのかな。

     

     

    | Keni | ふと思った事 | 07:22 | comments(0) | - | - | - |
    言葉の選び方
    0

      ふと気が付いたら、アメリカで働いてほぼ一年経って、ボスから評価をもらったKeniです。

      feedbackの中で、特徴的だったのはコミュニケーションに強いよねって言われたこと。

       

      ってなことで、Global Marketingをしている上で心がけていることをいくつか書こうかと思います。

       

      1 可能ならビデオ会議にしてより多くの五感情報を得る

      表情が見えるのと見えないのでは、大きく手に入る情報が違います。

      何かを話しながら反対してるのか、納得しているのかも理解するためにできるだけビデオ会議にするようにしましょう。

      ちなみに、電話しか使えない場合は、ちょっと怪しいですが、自分は鏡を見ながらポジティブな雰囲気が

      口調で相手に伝わるように表情を意識しています。

       

      2 常に相手が自分より知っていると言うことを明示する

      特に各国の地域をマーケティングしている人と話す時は相手は本社からよく分からない人が連絡をきている

      と思うことが多いと思うので、自己紹介をした上で、相手に対してちゃんと

      エキスパートはそちらで、自分はこう言う役割で来ていると明確に伝えることが大事だと思います。

       

      3 常に相手から何かを学ぶスタンスでいて、可能ならそのボスを巻き込んでお礼を言う

      どんな人からも学ぶことはあるもので、新しい国や新しい領域のことについては

      社内で話を聞いたりして、学ぶ事が多いと思います。

      その時には、ミーティングが終わったらすぐにパパッと学んだ事とかのサマリーを書いて

      内容に応じて、上司をCCでお礼を言うことにしてます。

      ちゃんと良いことをしてもらったら、相手に対して言語化して伝えてあげるようにしてます。

      上司をCCしてもらうのは上司が権限を多い組織では有効だと思います。

       

      四月からシンガポールに引っ越して、10ヶ国を超える国や地域の仕事をすることになり

      自分のできる範囲は本当に限られてるからこそ相手と一緒にうまく働けることをこれからも増やしていけたらなと思ってます。

       

      Keni

      | Keni | ふと思った事 | 02:46 | comments(0) | - | - | - |
      PDEっていう授業 @ MBA
      0

         

        ボストンで秋を感じ始めているKeniです。

         

        これ書いたかもしれないんですが、去年通っていたスイスのビジネススクールで

        PDE: Personal Development Electiveという授業がありました。

        これは、プロのPsychoanalystとのセッションを1,000分行うというもので

        人によって本当使い方はそれぞれで、ひたすら愚痴を言うだけの人もいれば

        過去のトラウマとかを話す人もいたりして、結構面白い授業でした。

         

        自分の場合は、過去からぜーんぶ書き出してみて、重要な要素と思われるものを

        取り出して、今どう影響を与えてるか話をするという事をしていました。

        それは途中で結構すぐ一段落ついて、そっからは、もう少し自分がなぜ普段考える事を考えるのかということを

        インタラクティブに議論していった記憶があります。

         

        相性が良くて信頼できる人を見つけることは結構難しいのですが

        僕の場合、本当意味があるなぁと思っているのは

        ・自分の事を理解していて(30ページくらいの自分史を共有済みで1,000分以上話してきている)

        ・誰かに漏れてしまう心配をする必要がなくて(相手はプロなので)

        ・適切な質問を投げかけてくれる

        っていうところかなと思います。

         

        本当こういう存在は貴重で、卒業して半年以上たっても個人で雇って時間をもらって

        続けていける事に本当に価値があるんだなぁって思います。

         

        本当独り言みたいな更新だけど、このブログは半分生存報告なので笑

        写真は夏の終わりにNYCで食べたかき氷。

        | Keni | ふと思った事 | 06:43 | comments(0) | - | - | - |
        スカイダイビングをしてきました
        0

          久しぶりの更新のKeniです。

          なんだか、Blogを書くぞってなると気負ってしまう事が多いのだけれどもうちょっとTwitterの延長くらいな気持ちで

          ささっと更新していきたいなーと思ってます。

           

          さて、写真の通りスカイダイビングをしてきた訳なんですが、いくつか思った事を。

           

          1)飛ぶまでが本当こわい。。。

          高所恐怖症なんですが(じゃあなんでこんなことしてるのかってのは置いておいて)

          ある程度高さがないといけないので、5,000mとかまで飛ぶんですが、怖いです

           

          2)飛ぶのに自己暗示かけた

          あまりに怖いかなーと思ったので、ドアが開いたら、前だけ見て飛び出すっていう風に決めて

          飛び出ました。こうやって自己暗示かけるのは結構得意。自己暗示っていうか、思考を分断して

          特定の思考だけで体に命令をするってイメージかな。

           

          3)脳内麻薬ドバドバ出る

          降りてきた時の自分の動画を見てみたら、本当テンション高くて

          アドレナリン出てたんだろうなーって思わされました。

           

          4)GoPro欲しい

          GoProで動画取ってもらってたんですが、相当楽しい。スキューバダイビング用に買いたいなー。

          | Keni | ふと思った事 | 04:55 | comments(0) | - | - | - |
          What got you here won't get you there.
          0

            トレーニング期間が終わろうとしているKeniです。

            もう実際トレーニングよりも仕事が増えてきていているのですが、区切りという意味で

            意味があるかなと思っています。

             

            去年Business schoolで勉強中に、マネージメントのどの段階にいるかでスキルがどんどん変わってくるって

            書いてあった本があって、あー、それって正しいよなぁと最近如実に思っています。

             

            入社数年は、Excel、ppt等を使って、いかに議論の土台をきれいに作るか

            それから、しばらくするとFacilitationだったり、executionだったりってスキルが大事になってきます。

             

            最近、いわゆるExecutiveの人たちと仕事をする事が多く彼らがすごいなと思うところがいくつかあって

            彼らの武器ってこの3つになってきてるんじゃないかなぁと。

             

            Public speaking

            もはや演説と呼んだ方が良いくらいのPresentationスキル。

            事実を説明するとかではなくて、人の感情をどうドライブしていくのか。

             

            Hand shaking

            これはアメリカ独特かもしれないけれど、握手は本当色々な事を物語り、これで

            結構色々な印象が変わる

             

            Remebering the names

            関わる人が増えるほど、名前を覚えるのは難しくなりますが、より一段とそれが求められていくのではないかなと思います。

            Executiveの人たちは本当全力で名前を覚えるし、不思議なほど細かい事まで覚えています。

            People personだったらこれくらいできて当然ってとこでしょうか。

             

            さて、また明日から出張後、Cancunへ出発。

             

            Keni

            | Keni | ふと思った事 | 03:06 | comments(0) | - | - | - |
            歩く速さと街の違い
            0

              東京で過ごしているKeniです。昨日はアメリカから(住んでるのはスイスだけど)友人が来ていて
              伝統工芸品を見て回ったり、Fab cafeに行ったりと東京三昧してきました。
              違う視点で見ると東京は全く違って見えるよねと感じます。

              去年は5回London、今年はNYCと過ごしてきてみて思った事があって
              色々な国で街の雰囲気は歩く速さにすごく象徴づけられてるなぁと。
              歩くこと全般に関してメモ。

              NYC
              皆歩くのは早い。水路とかがあんまり整備されてないせいか歩道から交差点を渡る時は
              気をつけないと足がびしょ濡れになる。信号は無視するのが普通。
              なんだか歩く時は結構警戒してる事が多い。
              ビルが高くて、初めの頃はつい上を見上げる感じ。変に圧迫感あったなぁ。

              London
              歩くのはぼちぼち早い。町並みとかが歴史を感じられて、ついぼっと見ながら歩いてしまう。
              NYCと違って、駅1つ1つが特徴的で、NYCみたいに機械的に碁盤目のどこにあるよみたいな名前じゃない。
              Tubeは基本的に古いから、気温が許せば歩くのが好き。

              東京
              歩くのは早い、けど、どことなく譲り合いみたいなものを多く感じる。
              もう東京の事はよくわかっているから、ガツガツ自分は歩いてしまう事が多い。
              なんだかんだで、20,000歩くらいは毎日歩く事が多い。

              自転車より早いスピードで移動したり、地下鉄に乗ったりすると場所と場所が点で飛んでしまうのだけれど
              歩くと必然的に線でつながる感じが好きで、いつも知らない街に行ったらランドマークとランドマークを
              つないで歩いたりする事をしてる。最近は走ったりってのも多いかな。

              と独り言みたいな更新でした。
              そろそろ海外就職について真面目に書いてみようかなと思います。
              | Keni | ふと思った事 | 07:25 | comments(0) | - | - | - |
              IMDに留学した理由
              0


                NYCの寒波に巻き込まれたKeniです。
                友人から聞かれたので、なぜ去年通ってた
                MBAに留学していたのかについていくつかコメントしたいと思います。大きく理由としては 1) 一年制 2) 少人数 /多様性 3) スイス 4) リーダーシップの授業 というところが大きなところです。

                1) 一年制: いわゆる MBAは1つのラベルだと思っているのですが、パスポートみたいなもので、仕事によっては、 MBAがないと就けない事があります。そのラベルを得るために最短の時間が良かった。また、働いていない期間を短くしたかったという意図もあります。

                2) 少人数/ 多様性 少ない人数で授業やグループワークを行う事でより深く知る事ができ、浅く広く知っているより大事な友人ができるかなと思いました。また、 9045 国籍という多様性の中で、自分が勝手に作ってしまった「前提」を壊してくれる事を期待していました。

                3) スイス: 別にスイスがビジネスで有名というわけではないのですが、ヘルスケアのビジネスをする上では、スイスは非常に魅力的である事。また、アメリカは住んだ事があったので、ヨーロッパで暮らしてみたかったという事があります。物価は非常に高かったけれど。

                4) リーダーシップの授業: これが一番大きな理由で、自己理解から始まるリーダーシップという授業があります。まず入学と同時に 20ページ以上の自分史を書く事が求められます。その自分史を全部読んだコーチのもと、ストレスのかかる環境でグループワークを行います。
                そのグループワークは、 61 組で行い、コーチがカメラを使って録画をしています。いくつものグループワークを行った後、一日の最後に皆で動画を見て、 Feedbackをしたり、コメントしたりします。その後コーチとの 1on1セッションがあって、色々とコメントをもらったり相談をしたりします。
                そこから、さらに 1ヶ月程度かけて、自身の改善したい点などを日々の生活の中で改善する試みをして、さらにそこからエッセイを書きます。それとは別に、 Psychoanalyst と呼ばれる心理学を学んだプロのセッションが 1,000分間あり、個人の使いたいように時間を使えます。
                こうして一年間かけて、自分の特性、得意不得意等が分かるようになります。また、最初のグループは固定で 2ヶ月程度一緒にワークをしますが、その最後にチームメンバーを非常に多くの項目から評価するアンケートを行います。また、同じ項目で自身も評価します。

                そのグループとしての活動の最後の日に、丸一日 Feedbackを行うセッションがあり、集計された各種の項目の評価が渡され、自分がどう思われているのか、自己評価が適切かという事が分かります。
                とは別にもちろん座学もあり、 Feedbackの適切な渡し方/受け取り方、リーダーシップの型なども学んでいきます。このような事が一年間かけてずーっと続きます。自分の場合は、これでより自分が何が欲しいのか、自分がどんな特性があるのかという事が理解できたと思っています。

                このリーダーシップの授業だけで、払った授業料分のもとは取れたなぁって思ってます。特に Psychoanalyst とのセッションは良かったです。前も少し言ったけれど、 1.自分の事を深く知っている人が 2. 外に漏れる心配がなく 3. 適切な質問を投げかけてくれる事は非常に有意義です。

                さて、こんな流れの中で、心理学だったりコーチングに興味を持ち、その関連の研修をNYCで受けてきたいと思います。
                | Keni | ふと思った事 | 18:59 | comments(0) | - | - | - |
                強みの見つけ方
                0
                  更新が滞ってたKeniです。
                  Todolistも順調に溜まってきているので、どんどん処理し始めています。
                  こういう瞬間って楽しくて好き。

                  さて、この前とあるところで、強みの見つけ方を聞かれたので、自分の方法を書いてみようかと思います。
                  本当はジョハリの窓~とかフレームワークを使って書こうかと思ったのですが
                  変に整理しちゃう前にあえてそのまま貼ることにしました。
                  強みって難しいですよねぇ。

                  a) 人から聞いて、見つける方法(外に見える得意を探す)

                  0) 信頼できて、自分の事をよく知っている人を昔から含めて、探す。また、自分で得意だと思っている事を軽く考える。
                  1) Openquestionで彼らからみて得意だと思う事を聞く。1-10で定量化してもらうのも良さそう。。
                  2) 0で作った、自分の得意だと思う事を挙げて、正直な意見を聞いてみる。定量化もお願いしてみる。
                  3) 要素を整理して、今、強みになっているのか、今後強みにできるのか整理してみる
                  b) 自己投影型の方法
                  0) 同じような仕事のタイプの人だなと思う人を探す:リアルでも本の中でもOK
                  1) 可能なら、本人達に話を聞いて、どう認識しているのか、どう言語化しているのか確認する
                  2) 自分の要素とどれくらい合うか擦り合わせてみる
                  c) 自己探究型で探す方法
                  0) うまくいったなとか評価されたなって思う経験をリストアップしてみる
                  1) うまくいった理由を自分なりに、考えて深掘ってみる(自分、相手、環境くらいのざっくりした感じで、分けるのも良さそう)
                  2) 深掘った結果、共通項を探しだして、まとめてみる
                  d) a-c)で深掘った事を整理して、自分で再度考えるか、Mentorっぽい人や先輩の意見を聞いてみる。
                  あと、そもそも強みを見つけるためには、どの戦場で戦うのか決めないといけないですよね。
                  それから強みを決めて、もう一回戦場が正しいか整理してっていうぐるぐるするのをずっと繰り返して行くんじゃないでしょうか。

                  書いてみて思ったけれど、まぁ結局は普通のMarketingですねって整理で終わってしまうような気もする。。。
                  | Keni | ふと思った事 | 12:33 | comments(0) | - | - | - |
                  自分の基準とまわりの基準
                  0
                    今週も無事生き延びているKeniです。
                    って、正直生き延びているっていうほどきつい生活をしている訳ではないし
                    大きな問題もあるわけではないですが、クラス全体に疲れとかからのfrustrationが
                    貯まっている雰囲気は結構感じています。

                    さて、友人のBlogを読んでて思ったのですが、タイトルの自分の基準とまわりの基準って話。

                    夢、モラトリアム、時々おとな
                    自分の基準
                    http://yumemora.blog54.fc2.com/blog-entry-454.html

                    これって、たまに自分も感じていて、自分の直感とロジックに従って行動する事が大切で
                    それ以外は本当は囚われているだけなんじゃないかなと思ってます。
                    もちろん、直感の中に「まわりからどう思われているのか」っていう部分もあると思うけれど
                    それを少しずつ紐解いていって、じゃあどういう基準なんだろうねってところを
                    見えるようにするって事が大切なんじゃないかなぁ。

                    キャリアを考えるための大学院にいる時間っていうのは
                    そういう「まわりの基準」で太ってしまった自己の判断基準をダイエットできる数少ない機会なんじゃないのかな。
                    と思って、期待をしています。

                    6年くらい働いてから来てちょうど良かったし、今だからこそ見えるものが大きくて、適切なタイミングだったんじゃないかな。

                    さて、今週最後の一日。頑張りますか。
                    | Keni | ふと思った事 | 13:53 | comments(0) | - | - | - |
                    信頼を与える/もらうという事
                    0

                      学校の生活にも慣れてきたKeniです。
                      写真はクラスメートにもらったチョコ。結構おいしかったけど
                      そもそもスーパーのチョコも質が高いから、競争が激しいねぇ。

                      今日は答えも出てないし、別に面白くもない話なんだけど
                      命題として
                      ・人は信頼を与えるタイプか与えられるタイプかに分ける事ができる
                      っていう事を学校で話をしてたんですね。

                      一瞬、「おー!面白い事言うなぁ。ためになる。」
                      とかって思ってたんですけど
                      そもそも信頼していない相手に対して、信頼を与えるってできるんでしょうか。

                      多分定義問題に最終的には落ち着くような気もしていますが、一応書きます。
                      人と会った時に、信頼できるのかな、どうなのかなっていうフェーズというのは
                      皆あると思ってて、そういう間合いを測る度合いの時に、相手をロジックじゃないところで
                      ぐっと判断して、相手に一回飛び込んでみるっていう事が、信頼を与えるって事なんだと思っています。
                      ただ、それって判断した瞬間に結構信頼しちゃってるよなぁと思う訳です。

                      なんだかんだ書きつつも、自分がどっち側の傾向なのかって知っておくのってすごく良くて
                      相手がどっちなのかって見ながら話したりしていると、意外と仲良くなる切り口が生まれるんじゃないかなぁと。

                      多分、自分は信頼を先にもらいたいタイプで、でも時たまなぜかすごく簡単に信頼を渡す時もあるんじゃないかなと思ってます。

                      さて、今週も一週間頑張りますか。
                      | Keni | ふと思った事 | 07:47 | comments(0) | - | - | - |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      + PR
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + ブクログ
                      + 連絡先
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE