Keniの素 向き不向きよりも、前向きに。

歯学部→マネージメントコンサル見習い→
メーカーで国内Marketing→学生→メーカーでGlobal marketing

ペーパー歯科医師。水泳、料理、旅が好き。住所は一応アメリカ東海岸。
既存の知識や技術がない事で救えない命を無くせるような仕事をしたいと思っています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    人生がときめく片付けの魔法
    0

      最近、ようやく船便の荷物を受け取ったKeniです。

      いくつか調理器具とかで必要なものはあったのですが、いざ二ヶ月くらい

      航空便で送ったものだけで生活をしてみた結果としては、実はほぼ航空便で送ったもので

      生活できてしまっているんだなってこと。

      そりゃ、ソファとかデスクとかないと困るけれどそれ以外は実はなくても本当は困らないんだなぁってこと。

       

      洋服とかも、あー、これはあの時買ったやつだ。。。でも一年間見ることなかったなとか

      色々思って、大量のゴミを毎日出す日々です。

       

      この時に昔読んだグローバルで大人気こんまりさんの中身を思い出してどんどん捨てていったわけです。

      今後も頻繁に引っ越しを繰り返す生活をすると考えたら、今のうちにどんどん捨てていった方が良いかなと思って

      良い機会になりました。

       

      実は、友人がhedge fundをやめてこんまりさんのプロデュースをビジネスとしてやっているらしくて

      ニューヨークにこんまりさん指導のコンサルタントの付いたアパートなんてのもできて来てるらしいです。

       

      こういうビジネス展開って相当面白いなって思うので、やや応援の意味を込めて、ちょっとだけ記事の更新。

      さて、今月は来週以降ずっと北東アジアに行くことになりそうです。

      | Keni | ふと思った事 | 19:42 | comments(0) | - | - | - |
      説得されるレバーって複数あるよねって話
      0

        最近、APAC、中東、アフリカを仕事でカバーしているKeniです。

        最近仕事の性質上、新しいビジネスを立ち上げる為に、人を数字とかロジックだけとかで

        説得することでは足りず、色々な方法で語る必要ができています。

         

        もともと、ビジョンを語ったりするのとかは全然得意じゃないなぁと思っていたのですが

        多くの人たちに動いてもらって、物事を進めていく為にはそんなこと言っている余裕はなくて

        より積極的に影響を及ぼすという必要性にかられています。

         

        で、誰がどういうレバーで動くかわからないのでしていることがあります。

        1 事前に複数筋から情報収集しておく

        2 複数のレバーを仕込んで置いて、どこが一番刺さるのか様子を見ながら話して、最後の締めは感触が良かったものにする

        3 レバーの種類を少しずつ増やす

         

        レバーとしては、お客さんの役に立つ、新しいことをする、大きいことをする、出世できる、評価が上がり得るなどなど

        なんでも良いのですが、社会を変えてよくしていく系のメッセージと数年後のあるべきビジョンを

        主に入れるようにしています。

        出世できるなどのレバーは本当最後に忘れてないよって振れる程度。

         

        一年後には何を言ってるのやらって自分の記事を笑ってしまうような内容ですが、とりあえずこんな感じで。

        | Keni | Learning and self development | 17:00 | comments(0) | - | - | - |
        どこの場を選ぶのかって相当大事だよねって話
        0

          ベースがシンガポールに移ったけど、結局飛び回っているKeniです。

           

          先週実は人生で初めて上海に行く機会がありました。

          相当都会だよーと言われてはいたのですが、実のところよく分からず

          中国で必要と言われるアプリをいくつかだけ落として向かったわけです。

           

          行ってみて気付いたこととしては、上海って多分世界で一番技術が浸透している都市なんだろうなってこと。

          典型的な上海人の一日は、朝起きて、アプリでタクシーを呼ぶか迷って、そこら中に置いてある

          シェアサイクルをQRコードで読み取って開錠して乗り、支払いはWeChatで

          途中、スタバで買い物をして支払いはWeChatで

          ランチは、デリバリーをお願いして、支払いはWeChatで

          仕事が終わって飲みに行ったら、テーブルに置いてあるQRコードを読んで、注文をする

          そのあと支払いはWeChatで行って、個人間の割り勘もWeChat Payで。

          帰りに朝ご飯用の果物を買って、市場でも支払いはWeChatで。

           

          という感じ。とにかく本当成長を未だに実感させる変化の多い都市でした。

           

          昨日、経営者の友人が訪ねてきていたので、ビジネスディナーが終わった後の彼と合流して

          ちょうど上海の話に。

           

          彼曰くPEの件数ベースでの案件が一番多いのは今中国だし、成長市場だと面白い機会が相当多くて

          恵まれてるよねってことに。

           

          多分、成長市場で色々な機会を得て、10年働いた人と衰退市場で後ろ向きの仕事を10年した人では

          身につくスキルセットが大きく変わってくるだろうなと。

          本人の能力が大きな影響があるのは事実だけど、その経験は自分で変えられる数少ないファクターだから

          そこを意識して、変えていくってのは結構大きいんじゃないかなって思う。

           

          上海すごいねって話と場所の選び方って大事だよねってお話。

           

           

          | Keni | Learning and self development | 17:34 | comments(0) | - | - | - |
          新しい環境にきたらやって見てること
          0

            シンガポールに引っ越してきたものの、相変わらず滞在している期間は半分くらいになりそうなKeniです。

             

            仕事内容も新しく、チームも、ロケーションも、製品も違うっていう新しい環境にいる中で思ったのは

            やっぱり、新しい環境に溶け込むにはいくつかルールがあるよなって事。

            なので、今日は自分用にそれをまとめてみようかと。

             

            1 とりあえず自分から挨拶

            知らない人がいたら挨拶をしてくれる人なんてそんなに多くないので、こちらから。

             

            2 ちょっとしたプレゼント

            大したものじゃなくて良いんだけど、少しお菓子をあげるとか喜ばれます。

             

            3 パワーバランスの確認

            多くの組織では、ポジションとは別によく分からない力を持ってる人がいるので

            king pin seeking abilityを最大限に発揮

             

            4 信頼して相談できる人を作る

            ちょっとしたことでも聞けるようにする

             

            5 うまく行っている人を真似してみる

            個人的にはこれが一番良いかなーと思ってます。

             

            パラパラ書いて見たけど、5が一番良いかな。

            真似ぶ=学ぶとかって言ってる人もいたけど、それは正しいなぁと思ってて

            とりあえず、行動様式から含めて受け入れられる範囲で受け入れてみる。

            それをしてみると、結構うまくいく理由もわかったりするのかなって思います。

             

            年齢を重ねてくると変化するのは難しいけれど、少しずつ色んな人の良いところを導入していくって方法が自分にはあってるのかな。

             

             

            | Keni | ふと思った事 | 07:22 | comments(0) | - | - | - |
            MBA卒業後にDream Jobを見つけることを目標にしなくても良いのでは
            0

              熱帯に引っ越してきたKeniです。

              気が付いたら、MBA卒業して、もう一年半くらいになり、早いものだなと思っているところです。

               

              最近MBAを卒業する前の就職活動をしている友人と話す機会があって

              中々ポジションがないんだよねーという事を聞きました。彼が興味を持っているのはM&Aに関われる仕事でした。

              それって、Business Developmentとかって言われるポジションなのですが

              相当大きな会社でもGlobalで20人いないメンバーでやったりしている事が多いすごい

              狭き門なんですね。

               

              で、MBAを取ったところで、人間性も本当に働いてくれるかも良く分かっていない人に対して

              そんなオファーを出すっていうのは相当考えにくし、正直奇跡に近いんじゃないかなと思うわけです。

               

              じゃあ、どうしたら良いかっていうと入社してから、時期を待って自社もしくは他社でその仕事を探すのが適切なんじゃないかなと。

              特に自社内でちゃんと仕事ができる人だって分かったら、社内異動をするっていうのは比較的簡単になりますし

              社内のリソースについても分かっているのでperformしやすくなるのではないかなと。

               

              夢の仕事は大事だけれど、それの為にキャリアを積む期間を失うくらいなら、一旦良いところがあるって

              少しでも思える会社で経験を積んだり、資格を取ったりして、進めていく事も大事なんじゃないかなと思っています。

               

              まぁMBAの効果をどう評価するかは人それぞれですが、MBAを持ったところで魔法の杖になるなんて事は無い訳です。

              足元見て一歩一歩進むのが大事だなって思っています。

               

               

              | Keni | Job searching | 19:09 | comments(0) | - | - | - |
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << July 2017 >>
              + PR
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + RECENT TRACKBACK
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + ブクログ
              + 連絡先
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE